開催概要

第32回 全国保育園保健研究大会

今求められる保育保健の役割
~多職種と協働した安全安心の保育~

目 的 
 現在、新型コロナウイルス感染症の流行により、全世界が困難と向き合っています。この状況の中でも、子どもは日々成長をして、人生の基盤になる重要な時期を生きています。就学前保育・教育施設(以下保育所等)保育園では、コロナ前からも感染症対策に取り組んできましたが、より強化した対策を行うことになり、保育現場では様々な制限がかかってしまっているのが現状です。保育所等の看護職は、保護者や施設内外の多職種と連携を取り、子どもの健康を守り、健やかな成長を支える役割を担っています。それぞれの職種の知識と専門性を集結させ、この困難を一緒に乗り越えていきましょう。
本研究大会では、保育保健をより向上するための自己研鑽及び交流を深め、子ども達の健やかな成長に寄与することを目的とします。


主 催
(一社) 全国保育園保健師看護師連絡会


後 援(予定)                  

(一社) 日本保育保健協議会 / (公社) 日本小児保健協会 / (公社) 日本看護協会 / 日本赤十字社 / (公社) 日本小児科学会 / (公社) 日本小児科医会 / (福)日本保育協会 / (公社)全国私立保育連盟 / (福) 全国社会福祉協議会全国保育協議会 / (福)全国社会福祉協議会全国保育士会

日 時
2022年 1月30日(日) 9:50~16:00      


運 営
オンライン開催 ZOOM
https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

オンラインに不安な方には、事前にサポートをいたします。詳しくは、下段・当会ホームページでご確認ください。

対 象
保育所等の保健師・看護師・助産師 / 嘱託医 / 園長 / 保育士 / 栄養士 / 調理師 / 養護教諭 / 
保育士・看護師養成校の教職員 / その他乳幼児保健に関心をお持ちの方

申込み
こくちーず 募集300人先着順
           
費 用
個人参加:3,000円(会員・非会員共に)

施設参加:10,000円
(同一施設複数人でお申込みの場合、登録者・登録メールアドレス・当日の入室アカウントは、代表者1名のみ。抄録資料をご登録住所に3部まで発送します。)

参加サポート
希望される方にはZoomの接続を事前確認する日を設けております。
事前確認日時:2021年12月下旬を予定しております。